人生を愉しく


by tabotaboy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:散文( 53 )

自然の恵み

a0099646_21243140.jpg
ララバイ



   川の流れ、その水面に映る景色は

   過去、現在、未来と・・・・・

   時の過ぎ行く過程を捉えて流れていく

   自然に任せて流れる様は神秘的で美しい

   ゆったりと流れる水面に太陽が反射して

   眩しいばかりに輝いて光のシャワーが降り注ぐ

   地球上全ての生き物にエネルギーのプレゼント

   まばゆいばかりの光の中で心に響く声が聞こえる

   「ありがとう」自然の恵みに感謝します。
   
[PR]
by tabotaboy | 2008-01-29 21:47 | 散文

自然がくれたメッセージ

a0099646_21123496.jpg
ララバイ



  きっとこれは何かの暗示だよ

  だって風もないのにざわめく気配を感じて

  辺りを見渡すとそこに見えたのは

  木漏れ日に映し出されている何か・・・

  何だろう訝しげに近付いてみると

  驚いた事にさまざまな表情を持った顔らしき貌が

  何故かとても不思議な気持ちに見えてくる

  もしかしてこの樹に宿る御霊なのかも知れないと

  何かを訴えようとしている気がしたりして

  いや、自分だけの思い過ごしがそうさせているのかも

  きっと、そうなのだろう・・・・・

  これも自然がくれたメッセージの一つなのだろうか



人気ブログランキングへ参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

  
[PR]
by tabotaboy | 2008-01-23 21:42 | 散文

何と云う名の花?

a0099646_18531479.jpg
ララバイ


    
    何と云う名の花でしょう

    冬の寒さにも負けずに

    可愛い花を密集させて

    愛らしく咲き誇る様は

    可愛い子供の笑い声

    陽射しを浴びて楽しそう

    無心に遊ぶ幼子の様で

    健気で美しく気持ちよい

    何の他愛ない景色なのに

    何故か心に響いて来ます


人気ブログランキングへ参加しています。
ポチッとクリックしてくださいね。

    

    
[PR]
by tabotaboy | 2008-01-17 19:21 | 散文

逞しい息吹き

a0099646_1921352.jpg
ララバイ



    真冬と云えども元気に息吹く逞しさ

    心得た様に毅然として佇む姿に

    思わず心を奪われてしまう

    自然が刻むリズムの美しさに

    静かに身を委ねて心地良い響きを

    五感に感じて爽やかな一時を愉しもう

    たとえ一瞬でもピュアな気持ちになって

    自然の愛と喜びを・・・・・

    じっくり噛みしめてみるのも

    良い事ではなかろうか


人気ブログランキングへ
参加しています。

   
[PR]
by tabotaboy | 2008-01-10 19:55 | 散文

冬の樹と自分の心

a0099646_10545435.jpg
ララバイ
    あけましておめでとうございます
    今年もどうぞよろしく。

    
    葉を落としきって佇む冬の樹は

    何も纏わずに凛とした姿で美しい

    澄みきった青い空に枯れ枝が描く絡み模様

    寂しさよりも逞しい存在感さえ感じる

    目に見えないところで

    満ちあふれる程の勢いで

    新たに萌え棐るための準備をしているのだよ

    その時の為に時を待つ姿はなんとも美しい

    人もいつか来るその時の為に

    見えないところで自分を育てていく事を

    忘れないでと教えてくれているようです

    弛まずに少しでも自分を高められる様に

    厳しい季節に凛と佇む冬の樹の姿に

    自分の心を重ねて思います

 
人気ブログランキングへ   
[PR]
by tabotaboy | 2008-01-01 11:28 | 散文

心模様・・・

a0099646_19595095.jpg




    これは自分の偏見によってつくられた姿なのか

    この事実は既に定着し周りの者に認識されて

    根付き始めてしまった現実に・・・

    本来の自分を重ねてみたい気がして

    心の在り方を探るべく・・・

    その心模様を眺めて見たとき

    気になるシャドウの部分に思いを巡らせる

    世間体とか、見栄等に翻弄されている事で

    自分自身を失いかけてしまい

    その模様の全体がよく見えなくなっている

    それは全て己の責任の為せる禍いなのだ!

    模様の見えないシャドウの部分に光を当てて

    本来の自分を復元する思いに駆られよう

    己の真の姿に戻るために

    


    
人気ブログランキングへ
    

    

    

    

    

    

    

    
[PR]
by tabotaboy | 2007-12-20 20:57 | 散文

ありがとう

a0099646_1992426.jpg




    「嫌だ」と云う感情は

    やがて「憎しみ」と云う感情へと変わっていく

    それが重なり「増悪」となって

    汚い雨を降らす・・・・

    どす黒い雫は幾つもの汚いシミをつくり

    あたりに不幸の風を吹かせて憚らない

    それはまるで相手の嫌なところを探し出す

    不埒に絡み合ってもがく姿に似ている

    それは馬鹿な野獣のようだ

    
    同じ探すなら感謝すべき事柄を探し出して

    沢山の「ありがとう」の言葉を

    風に乗せて爽やかに吹かせよう

    そして幸せの優しい雨を降らせよう

    きっとダイヤの様にキラリと輝く

    美しい雫となるだろう


人気ブログランキングへ
[PR]
by tabotaboy | 2007-12-13 20:09 | 散文

響き合うこと・・・

a0099646_2333888.jpg




    響き合うと心地よい感じになって

    自然と笑みがこぼれる

    響き合うとお互いに気持ちが良くなって

    思い遣りが深くなり

    響き合うと相手とのコミュニケーションに幅が出て

    依り良く理解し合えそう

    響き合うという事は五蔵六腑のように

    お互いに相手の声に耳を傾けて

    ただ冷静に相手の様子を見て聞いて

    完璧に対応しているという事ではないのか

    同じビジョンを持とうとする事で

    だんだんと相手と響き合う様になるのだろう


 人気ブログランキングへ   
[PR]
by tabotaboy | 2007-12-01 23:36 | 散文

心の風景

a0099646_1033931.jpg




    ここはどこですか?

    周りに誰も居ないのです

    以前にも見た事があるような

    そんな感じがするのです

    こんなすっきりとした風景が私の心の中にある

    私の欲していた場所なのかもしれないと

    
    心の旅に出るのです

    何処に行くのかわかりません

    ただわかっているのは

    沢山着込んでしまった虚の衣を脱ぎ捨てるため

    それらは私の心の重しになっているのです

    自分でそれらを取払い、身も心も軽くなって

    旅から帰って来たいのです

    

    

    
[PR]
by tabotaboy | 2007-11-17 10:35 | 散文

心の移ろい

a0099646_2240318.jpg



    人の心の移ろいは限りなく

    周りの影響を受けて 波立ち

    揺れ動く・・・・・

    
    心よ、目に見えない限りなく大きな鏡よ

    何を反映し、己の魂を揺さぶるのか

    こんなにも苦しい我が思いを誰が知ろう


    嘆いても、嘆いても・・・・

    嘆けば嘆く程、心の叫びは大きくなり

    苦しみは増大する


    人は悩んだ分だけ成長するという

    悩んで、悩んで、そして苦悩の淵に落ち込んで

    彷徨う中で何かの光を見つけるのだろうか


    苦悩を乗り越えた時の安堵な喜びを求めて

    己の精神を鍛え奮い立たせる

    歩みを加速して淵を脱し

    喜びの頂きを目指して歩もう、一歩一歩しっかりと。


    

    

    


    
[PR]
by tabotaboy | 2007-10-26 23:46 | 散文