人生を愉しく


by tabotaboy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

春眠・・・・。

a0099646_10593615.jpg
ララバイ




  019.gif

  春眠暁を覚えず、なんて言いながら眠気に襲われてしまいそうになります。

  落葉樹の新芽が日に日に豊かな表情を見せてくれています。

  春の季節の波動が元気なエネルギーをを運んで来てくれているのでしょう。

  自然の営みに身を任せて春うららなこの季節を満喫出来るという事はとても

  嬉しく幸せです。




a0099646_10132824.jpg





  沢山の人に美しさをプレゼントしてくれた桜の花が爽やかに散っています。

  自分の出番を終えて舞台から退く花形役者の様に・・・・。

  今はチューリップの花が私の出番とばかりに満面の微笑みで喜びを振りまきな

  がら咲き始めました。

  

a0099646_13104474.jpg





  毎年繰り返される自然の営みが環境の悪化によって障害を受けつつありますね。

  私達は環境を守る為に自分たちの出来る事をしっかりと行う事が今生きている

  者の努めではないかと思っています。

  064.gif
  人気ブログランキングへ  参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。



a0099646_10365028.jpg





  元気よく咲いているチューリップの花を見て、私も負けない様にと思ってしま

  います。新しい事に挑戦して常に自分を刺激して行く事は愉しい思いです。




a0099646_12594622.jpg





  人生を色に例えてみると綺麗で明るい色合いに包まれて伸びやかに前進して

  前途洋々の自分があったり、又時には躓いて身も心も落ち込んで暗い日々に

  苛まれて、すべての色合いが暗くなってしまう、光を失っているんですね。

  光の色は、赤、青紫、緑、これらを混ぜると白くなります。

  自分の気持も同じ様にいろいろな事に苦しんでも、白に戻れる様に思えれば

  良いのかも知れません。



  064.gif
  人気ブログランキングへ  参加しています。
  クリックして頂けると嬉しいです。






  




  
[PR]
by tabotaboy | 2008-04-06 11:23 | 散文

家族団らん・・・・・

a0099646_1330588.jpg




     家庭が平和である事

     人生において

     一番の

     幸福


     家族のひとり、ひとりが愛を享受し合っている

     外でどんなに辛い事があっても

     ほっと、癒される我が家・・・・・

     それは、家族団らんの楽しい一時

     嫌な事をぶち撒いても・・・・・

     しっかりと受け止めてフォローしてくれて・・・・・

     その循環が疲れを取り除いてくれる

     
     家族団らんの大事な時間を、 あらためて認識して

     幸せな時を過ごそう、花の様に何時も笑顔を絶やさない

    
     優しい抱擁が待っているからね。

     

     
[PR]
by tabotaboy | 2007-10-20 13:58

微笑みの風

a0099646_18391478.jpg




      微笑む風が吹き渡ると

      あたり一面幸せの花が咲き乱れ

      人々に届く笑い声は美しいハーモニーとなって

      心に響く ・・・・・・・

      愛のストリングスは優しく人々を愛撫して木霊する

      
      母親に愛撫されている赤子の瞳はとても純粋で

      母親の乳房を求める仕草が愛らしい

      可愛い無垢な我が子を抱く聖母子像のように

      赤子を見つめる母の微笑み・・・・・

      その微笑みは天からの贈り物

     
      愛の種をたくさん撒いて

      歓喜の花を咲かせよう 

      幸福のお花畑で微笑みのダンスを踊ると

      微笑みの風が皆を幸せで包んでくれる

      

      

      

      
[PR]
by tabotaboy | 2007-10-05 19:35

水滴への心象

a0099646_9544895.jpg




    喜びが少しずつ大きくなって 膨らんで行く

    幸せと云う大きな世界へと広がって 至福の時が待っている

    そんなページを幾度もめくりながら 生きる喜びに身を置いて

    幸せに感謝をしながら生きている 今の私・・・・・・

    
    小さな花に生まれた美しい水滴

    喜びがその中に包み込まれている様な

    目を凝らして良く見ると 美しい世界が見える様な

    それは自分の心の奥の心象かも知れないと

    何時迄もそこに留まって 消えてしまわないでと願ってしまう

    
    始まりが有れば、終わりが有る事を良く知っていて

    生きる術を磨いている 又新しく喜びが訪れる様にと願い

    雫となって 消えて行った喜びが又訪れる様にと願い

    何時も希望を失わないで 頑張る気持ちを忘れないで

    苦しい時は空を見上げて大きく深呼吸をして・・・・・

    自然から充分エネルギーを頂いて 未来に向かって唯ひたすら歩む。
[PR]
by tabotaboy | 2007-09-17 10:41 | 散文