カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

生命は・・・・


これまで

  一生懸命働いて、働いて、又働いて

  家族の為にただ我武者らに、そして社会に貢献して

  気が付いてみれば、高齢者となって・・・・・・・

 
  振り返る自分の人生、そういう人達が抱えるこれからの人生は

  家族の優しい労りの中で幸せな時間を過ごせる事、

  しかしそう云う人は何れ程ですか・・・・・?


 侘しく細々と暮らしている高齢者の方々に

  社会は無情の鞭を振るう、この世の中・・・・・・

 生命は、自分自身では完結出来ない様につくられていて

  それ故、他者から力を借りて生きているのに・・・・・・・


    そして或る時、認知証が進んで自分の家族の判別も出来なくなって

    自分の名前すら云えなくなってしまう人もいる

   生きる事への無情さが覆い被さって・・・・・・・

      時には暴力的になり周囲の人達と協調出来ず嫌われて

      孤立のベースへと・・・・・・
   
      ああ、そう云う人達は、何を思い、何を求めながら


   赤子に還っていくのだろうか・・・・・?
 

    













a0099646_12573238.jpg

[PR]
by tabotaboy | 2007-06-08 16:25