人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0099646_225231100.jpg



     この世に生まれて  一人の人間として

     どう良く生きるか どう良く生きられるか そしてどう良く死ねるか

     そんな事を考えて、たゆまぬ努力を繰り返し、積み重ねて

     大人になって行くのだろう 

     その道程にはあらゆる困難が待ち受けているかもしれない

     素晴らしい人生を築いて行く為に 人と上手に関わりを持ちながら

     己を磨き 一途に仕事に打ち込んで ある時は滅私も厭わないで

     社会に貢献して 自分を高め、誇りを持って世間を渡る・・・・

     一粒万倍を夢見て闊歩する・・・・

     されど人は誰しもミスを犯す

     ひとを判断する勘が錆び付いて 騙されたり、嵌められたり

     信頼を寄せていた人に 裏切られたり

     今までの努力も泡と化し 絶望を味わう事もあるだろう

     しかしそんな時 自然と心の対話をすると良い 

     自然はきっと何かを教えてくれる 五感を研ぎ澄ませて感じてみよう

     人間は他の生物と同じ様に・・・・ 

     自然と上手に関わり合いながら生きているのだから

     

     
by tabotaboy | 2007-09-23 23:41

水滴への心象

a0099646_9544895.jpg




    喜びが少しずつ大きくなって 膨らんで行く

    幸せと云う大きな世界へと広がって 至福の時が待っている

    そんなページを幾度もめくりながら 生きる喜びに身を置いて

    幸せに感謝をしながら生きている 今の私・・・・・・

    
    小さな花に生まれた美しい水滴

    喜びがその中に包み込まれている様な

    目を凝らして良く見ると 美しい世界が見える様な

    それは自分の心の奥の心象かも知れないと

    何時迄もそこに留まって 消えてしまわないでと願ってしまう

    
    始まりが有れば、終わりが有る事を良く知っていて

    生きる術を磨いている 又新しく喜びが訪れる様にと願い

    雫となって 消えて行った喜びが又訪れる様にと願い

    何時も希望を失わないで 頑張る気持ちを忘れないで

    苦しい時は空を見上げて大きく深呼吸をして・・・・・

    自然から充分エネルギーを頂いて 未来に向かって唯ひたすら歩む。
by tabotaboy | 2007-09-17 10:41 | 散文

自画像?


    
     人との関わりの中で発生するさまざまな出来事や

     自分の内に入り込んでこようとする邪悪な誘い

     正義感に揺さぶられて許す事の出来ない諸悪など

     世の中の沢山の不条理・・・・

     人の心に棲む鬼か蛇か得体の知れない「悪」・・・・

      
     時折霞めるこのような、ほんのひとつかみの有り様が
     自分の思考と交錯する中でのイメージを描いたものです。

   (余りに真正直に人を信じて裏切られた幾つかの体験が基にあります。)
     

     

     
by tabotaboy | 2007-09-11 17:30 | 散文
a0099646_19183754.jpg




      偉大なるテノール歌手、ルチアーノ ・パバロッティさん

      沢山の感動を残して天国へ旅立ってしまった

      あの大きな身体に、白いハンカチ・・・・・

      素晴らしいあの歌声は、オペラになじみ少ない人達も

      トリノオリンピックで熱唱した「トゥランドット」に魅せられた

      個性的な表現力は大きな感動の波動を聴くものに与えてくれた

      喜びの、悲しみの、苦しみの、嘆きの、そして怒りの表情が、

      歌の余韻はいつまでも、いつまでも、私の心をとらえて離さない

      ルチアーノ・パバロッティさん、さようなら・・・・

      寂しいですがさようなら・・・・




      天国からも、われわれに素晴らしい歌声を届けて下さい。
      ご冥福をお祈り申し上げます。

      

      

      
by tabotaboy | 2007-09-06 19:57

自愛の心

a0099646_1135121.jpg




      人との関わりに疲れて、静かに自分を見つめると

      その澱みのなさに驚いて、何故かほっとする自分に出会う

      人は自分の知らない間に、自分で無くなり・・・・・・

      気が付かないうちに時は流れて行く

      いろいろな雑多な風景を通り過ぎた時、

      精神は病み傷ついて、カサカサにひび割れて

      自分自身でバランスの修正も出来なくなって行く

      ストレス症候群と云う複雑な病が横行している現実

      時には重大な事にも及んでしまう恐ろしさ

      失速すると止めどなく転がり落ちて果てしなく地獄を描く

      自分としっかり向かい合って己の心に澱みのない事を

      静かにしっかりと確かめて見よう

      自愛の心で。

      
by tabotaboy | 2007-09-01 12:01